考えを逆転して褒める

風俗店で働く女性の中に毎月のように高収入を稼ぐといった売れっ子の女性というのが存在してきます。
この売れっ子の女性に共通していることの一つに、「褒め上手」というものがあります。
お客様というのは高い金額を払って風俗店を利用していますので、褒められて当然と考えているお客様も中にはいるのです。
ですが、中にはちゃんと褒められたことが少ないお客様も中には存在します。
そもそも、人間という生き物は褒めるのが苦手ですので、褒められる機会に恵まれない人はとことん褒められません。
中でも、男性は女性よりも褒められる機会がかなり少ないようです。
ある程度以上の年齢が上の男性は、人から褒められた経験が2年近くないという調査結果もあるほどです。

風俗店を利用するようなお客様の場合には特にそうであり、残念ながら女性からもてまくっているイケメンのような男性ではないことが多いケースがほとんどになります。
ですので、風俗のお仕事をする上で褒めるのが上手くなればなるほど、お客様からの支持が大きくアップし、その先には本指名されやすくなるということなのです。
そこで、お客様を褒めるポイントの見つけ方というものは存在してくるのでしょうか。
ある意味、これさえ抑えておけば話は早いような気もしてきます。

まず、褒め上手になるためにはお客様の良いところや褒めるネタを見つけらるようにならなければなりません。
外見が平均以下のお客様に対し、本心では微塵も思っていないのに「かっこいい」と棒読みで言ったところで何の信憑性も生まれてきません。
ですが、こういったネガティブな印象もひっくり返して考えれば褒めるポイントになる場合があるのです。
要するに、コップに半分水が入っていたら「もう半分しかない」と考えるかわりに、「まだ半分もある」と考えを逆転させればいいのです。
巷でよく耳にする、「ポジティブシンキング」ということになります。

たとえば、「せっかちなお客様」という印象をもったら「積極的ですね」と言えば褒め言葉になり、逆に「おとなしくて引っ込み思案なお客様」と思ったら「優しくて穏やかですね」と言えば褒め言葉になってくるのです。
結局のところ、ものはとらえようであり、お客様の特徴を少しマイナスに感じても逆転して褒めるネタに使えるというわけなのです。
実際、こういった手を使って本指名をバンバン取っている売れっ子の女性もいれば、これに気づかずに全然稼げていない女性も存在しています。

売れっ子は褒め上手

風俗店に限らずお客様を相手に商売をしている以上、お金を使ってくれるお客様を褒めるというのは必要最低限しなければならない行動かと思われます。
キャバクラやスナックなどの水商売などはその典型でもあり、ある意味お客様は働いている女性に褒められるためにお金を使っているといっても決して過言ではないのです。

そこで風俗のお仕事なのですが、基本的に男性であるお客様というのは性的に気持ちよくなるためにお金を使っているため、風俗に限ってはそこまでお客様を褒めるということに目を配らなくてもいいのではないかと思う人もいることでしょう。
確かに、性的に気持ちよくさえしてくれればお客様は何も文句は言えないというと感じます。
ですが、そこにはあまり気づきづらい落とし穴があるのです。
それは、風俗店というのはお客様がかなり高い金額をお店に支払っているということです。
その対価として、風俗店で働く女性は高いお給料を貰えるというわけなのです。

外部リンク…最低日給保証もあり高収入を稼げる風俗求人「熟女家 梅田店」

これだけ見れば、高い金額を支払っているお客様に対してお世辞の一つも言わないというのは少し間違った接客ではないかということがわかるでしょう。
やはり風俗のお仕事も一緒で、接客のお仕事をする以上「お客様を褒める」ということがとても大事になってくるのです。

実際に、多くの風俗店では女性に対して「お客様を褒めてください」と指導しています。
でも、誰もが褒めることが上手というわけではありません。
自分は器用ではないからお客様をどう褒めたらいいのかわからない、という女性も少なくはないでしょう。
結局のところ、一つだけ確かなことは、売れっ子といわれている風俗嬢は少なからずみんな褒め上手だということなのです。
褒めるポイントというのは正直なとんなことでもいいと感じます。
お客様の会話、服装、しぐさ、自分が言われて嬉しいことを言えば相手も嬉しいはずです。
たとえば、帽子を被っているお客様に対し、「この帽子かわいいですね」、「これ最近流行ってますね」、「オシャレですね」、みたいなことをさりげなく言うだけでいいのです。

もし、お店の接客でそうした対応をしてもらったら、「次もぜひとも指名しよう」という気になるでしょう。
お客様の気持ちがかわる、イコール売れっ子になるということではないでしょうか。
とはいえ、人間というのは元々本能的に褒めるのが苦手で、逆にマイナスなことやネガティブなことのほうがはるかに目に入りやすく、記憶しやすいのです。
原始時代なら、そういう良くなさそうなことが生死をわける場合もあったので、本能に染みついてしまっているのかもしれません。
ですので、褒め上手になったり、褒め言葉をスムーズに言えるようになるためには、結局のところ練習が大事ということなのです。